自然栽培

  1. 江戸東京野菜の生産者・福島秀史さんのお野菜を使用しています

    八王子市川口町で無農薬無肥料栽培をされている福島秀史さんのお野菜を使用しています。江戸東京野菜を主に、在来種・固定種にこだわって栽培されています。旬の新鮮な地野菜をお楽しみに。今の時期の江戸東京野菜は、高倉大根・金町こかぶ・品川かぶ・後関晩成小松菜・シントリ菜・滝野川ごぼう・亀戸大根です。

  2. 神奈川県旧藤野町の坂本美樹さんの無農薬自然栽培野菜を使用しています。

    新しく直接取引を始めた農家さんのご紹介です。女性の新規就農者 坂本美樹さん。無農薬無肥料自然栽培で様々なお野菜を栽培していらっしゃいます。写真は巨大な白菜・練馬大根と美樹さん。生命力豊かでおいしい元気なお野菜たちにご期待ください。

  3. 春菊しゃぶしゃぶ会(第72回春菊会)の情報更新をしています

    自然栽培シンプルベジと出汁の和食あじなおのコラボイベント春菊しゃぶしゃぶ会(第72回春菊会)の情報を更新しています。当日は生産者の久保正英さんと共に春菊しゃぶしゃぶを味わい、楽しく時を過ごしましょう。

  4. 今週の自然栽培おまかせコース

    もうすぐ!という感じですね。春の到来、芽吹き、種まき、山菜・・・新しく始まる予感がうれしい。ワクワクを胸にしっかり抱きながら過ごしたいものです。 冬の名残を残しながらも春の予感の料理になってまいりました。鰆(さわら)・ふきのとう・わさびの花などが献立に。

  5. 12月22日同時開催「ほんとに小さな市」決定!

    来たる12月22日(火)に、当店にて行う《クリスマスコンサートinあじなお》につきまして先日告知させていただきましたが、(チケットの残少々ございます。よろしけばぜひ!)イベント当日「ほんとに小さな市」の開催が決定いたしましたので、ご案内させていただきます。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

  6. 割烹料理屋のポテチ

    トヨシロというじゃがいもでつくります.湖池屋やカルビーで使っている品種。デンプン質が少なく、焦げづらい。皮むいてスライスして、水にさらして、揚げて塩ふるだけ。 売っているるものと何が違うかって?何も違わないよ。自然栽培のじゃがいも使って、自然塩使って、化学調味料使わないだけ。

  7. あじなおでは自然栽培のお米を使用しています②

    自然栽培のお米を使う理由について考えてみる。何故か? 入り口は無農薬・無化学肥料という「安心安全」。そして、無肥料栽培ということについて学びを重ねるうちに「生命力」という言葉に出会いました。私たちは栄養素を食べているのではなく、生命力をいただいている。

  8. 美味しいぬか床の作り方

    夏はぬか漬けが最高にうまい!乳酸菌がたくさんなので腸にも最高に良い!植物性乳酸菌なので日本人にはなおさら良い! ということで、おいしいぬか漬けつくりましょう^^自分の 常在菌たっぷりの自分の体になじむぬか床を!つくりましょう!まず、ぬかを用意しましょう。

  9. 自然栽培イズGREAT「自然にごみはない」

    自然農・自然農法・自然栽培と呼び名はいろいろあるけれど、基本は不自然なものを田畑に持ち込まないということ。厳密にいえば「無農薬」「無化学肥料」で、さらに動物性の有機肥料も使わない。

  10. 情熱の和食屋 外食新時代を目指す

    (包丁を持つ。まな板の前に立つ。)いまここに自分としていられることに感謝する。そして生命あるすべての食材に感謝する。それだけで料理というものはおいしくできるものです。おさかなは天然の物を使います。おやさいは自然栽培の物(無農薬・無肥料)を最優先します。

ページ上部へ戻る