夏・そうめんを3倍おいしく食べる方法

 

 

いつもありがとうございます♪

 

八王子めじろ台・無添加割烹≪だしの和食 あじなお≫店主 打味 直です(^^♪

 

 

暑い夏だからこそ、おいしいもので暑さを楽しんじゃいましょうね♪

 

ポジティブな行動こそが人生を楽しむコツですから、ぜひ実践してくださいねー♪

 

ナチュラル食材が好きなあなた向けのコラムです。

 

 

【そうめんを3倍おいしく食べる方法】

それには、、、

まず、おいしいそうめんをご用意ください(当たり前ですが(笑))

もちろん個々の好みで結構ですよー。(ちなみに、私たちの好みは「金子製麺」さんです(^^♪)

 

では3倍おいしく食べるための3ステップですー

 

ステップ1,

そばつゆを自分で作る。

昆布と鰹節を使いそばつゆを作りましょう。簡単にできるおいしいそばつゆの作り方を以下にご紹介します。

 

ステップ2,

国産原材料の天然醸造調味料を使う。

ナチュラル食材にこだわるなら、昆布と鰹節にこだわって、さらに調味料にもこだわることで味が断然良くなります。

調味料に書いてある原材料を見て、国産原材料使用・無添加であることをご確認ください。

上の写真は、当店で使用している東京唯一の醤油醸造所・近藤醸造のキッコーゴ醤油の原材料ラベルです。

(明記されていませんが、国産大豆と小麦100%で作られた無添加天然醸造のお醤油です)

※基本、一般家庭の台所に置いてないもの、見たことがないものや知らないものは大概添加物です。

保存料、甘味料、着色料、香料、酸味料、アミノ酸等がこれに当てはまります。

 

ステップ3,

おいしくするための㊙テクニックを使う。

今回は「追い鰹(おいがつお)」というテクニックを使います。

これによって、だしがうま味の強い力強い味わいになります。

めんつゆや天つゆ等、つけて食べる場合に効果がある調理法です。

 

では、作り方です。

 

★基本のめんつゆの材料(作りやすい分量)

【つけつゆ10~12回分】
(つけつゆ5~6回分の場合全て半分の量で作ってください)
 
・水・・・900ml 
・昆布・・・10gほど 
・鰹節(薄削り)・・・10gほど 
・濃口醤油・・・180ml 
・みりん・・・180ml
 

※濃いめがお好きな場合、水の量を少なめにして下さい。

※昆布、鰹節は多めにしても美味です。

 

★作り方

1,鍋に昆布と水を入れて常温で約1時間ほど置いておきます(夏場であれば約1時間で昆布だしが出ます。)

 

2,鍋を弱めの中火にかけ、じっくり昆布からうまみを引き出します。軽く沸騰するまで待ち、完全に沸騰する手前で昆布を取り出します。

3,昆布を取り出した後、調味料(醤油とみりん)を加え、沸騰させます。

 

4,火を止め、分量のかつお節を加えます。入れたら箸で軽くまぜながらかつおだしを抽出します(火を止めたままで大丈夫です)。

5,1分ほどしたら鰹節を漉します。この時鰹節をしっかりと箸で押さえてだしを出し切るようにしてください。しっかりとうま味の強いめんつゆになります。

6,粗熱が取れたら、密封できる保存容器に入れるか、ラップできっちり蓋をするなどして、冷蔵庫に入れて保存します。

 

※そのままストレートで使用してください。

※冷蔵庫での日持ちは4日ほどが目安です。

 

まとめ

~そうめんを3倍おいしく食べる方法~

1、だしに昆布鰹節を使い、

2、国産原材料使用の天然醸造調味料を使い、

3、さらにおいしくなるための㊙テクニック「追い鰹」をして、

無添加自家製だしを使いそうめんを食べる。

 

≪期待される効果≫

旦那様、お子様に「今日のそうめんいつもと違う!!」とビックリされ、

「また食べたい!」とリピお願いされると思いますよ♪

 

ぜひお試しくださいね。

【そうめんを3倍おいしく食べる方法】で、暑い夏をおいしく楽しく乗り切ってくださいね(^^♪

 

ではまた~♪

 

やっぱりおいしい≪だしの和食 あじなお≫

店主 打味 直

 

今最もお得な情報こちらから。

テイクアウト朝9時~夕方5時までやってます♪

だし 出汁最新記事

>

あなたがおいしいもので
幸せな気持ちになりますように
楽しく過ごせますように
気持ちよい時間が持てますように
そして、日々元気に過ごせますように。
私たちは日々精進していきます。

CTR IMG