ぬか床を今作ろう!

 

いつもありがとうございます♪

 

八王子めじろ台・無添加割烹≪だしの和食 あじなお≫店主 打味 直です(^^♪

 

 

「ぬか漬けを今食べないのはムッチャ損してる」という話を前回しました。

 

ということで、ぬか漬けを今作りましょう!

それにはぬか漬けを作る「ぬか床」が必要です。

 

そして、せっかく作るなら、おいしいぬか漬けができるぬか床を作りましょう(^^♪

 

作り方は簡単です♪

 

【おいしいぬか漬けができる≪ぬか床の作り方≫】

 

~ぬか床の材料(2~3人がまかなえる分量)~

・生ぬか … 1㎏

・水 … 800㏄

・塩 … 120g

・昆布 … 5㎝四方を3枚ほど(その他鰹節や干し椎茸、煮干し等はお好みで)

・唐辛子 … 2本(実山椒もあれば少々)

・捨て漬け野菜 … 適量(キャベツの外葉や白菜の芯等は最適。その他野菜の切れ端など。基本的にぬか漬けにしておいしい野菜、癖が少ない野菜が良いです。

≪ポイント≫

・最初にぬか床を作る時は野菜から水分を多く出したいので、捨て漬け野菜は思い切り多目に入れてくださいね。

・あれば、酵母が生きているビールを少し入れると発酵しやすいです。

 

 

~ぬか床の作り方~

☆上記の材料を混ぜるだけです。

全体に均一になるようにしっかり混ぜてください。

 

混ぜたら常温で1日保存します。

 

≪ポイント≫

※最初はパサパサで構いません。

※保存時はぬか床の表面を平らにならし軽く手で押すようにして空気を抜く。

容器の周りについたぬかはキレイにすること。

※容器はタッパーでも陶器でもお好きなものでOKです。使いやすいものを選んでくださいね。

ぬか床の倍くらい(3~4ℓ位)の容量の容器が良いと思います。

 

~ぬか床を育てていく~

☆基本ぬか床を毎日かき混ぜるだけです。

3~4日位たったら捨て野菜のぬかを良く落とし、水分をぬか床に絞り、

新たな捨て野菜に交換していきます。

これを約2週間ほど続けるとぬか床は出来上がっていきます。

 

~ぬか床出来上がりの目安~

ぬか床の香りがぬか漬けっぽくなりますので、それが目安です。(2週間目安です)

 

ぬか床の硬さの目安は味噌ぐらいのイメージです。

 

最初はまだ塩気が立っていますが、どんどん野菜を漬けて食べていってください。

漬けるほどにぬか床も成熟していきます。

 

≪ポイント≫

※季節により発酵の速度が違います。

初夏、初秋くらいの室温25℃くらいがぬか床を作るのには適しています。

夏に作る場合は涼しめの部屋で作るかかき混ぜる頻度を増やすと良いです。

 

※ぬか床完成時、ぬか床のぬかを少し味見して、

塩分の調整(ちょっとしょっぱい位)をしたり酸味を見たりしてください。

今後、ぬか漬けを作っていくと野菜から水分が出てくるので、

ぬかや塩を足す必要があります。

その時基本の味になりますので覚えていると役に立ちます。

 

~ぬか漬けを作り、食べる~

・適当な大きさに切って漬けるだけです。

漬ける時間は6時間が目安です。

 

朝~昼に漬けて、午後~夕方に取り出す感じが良いでしょう。

 

取り出した時にぬかは落とさず、食べる直前に洗い落として食べると風味がより楽しめます。

 

~ぬか床の保存方法~

秋~春先は2~3日に1度、夏場は毎日かき混ぜてください。

面倒な場合、冷蔵庫で保存して漬けるときだけ室内に出して漬けてください。

 

ぬか床をかき混ぜるときは素手で行ってください。

ご自身の常在菌がぬか床にも入るので体に馴染みやすいです。

 

ぬか床がべちゃべちゃになったらぬかを少しづつ足しながら硬さ調整してください。

 

塩気が足りなくなったら塩を足して塩分調整してください。

 

~その他~

・ぬか床に使うぬかは手に入るようであれば無農薬のものをご使用いただいた方が、

安心でナチュラルなぬか床ができます。

(当店≪だしの和食 あじなお≫にも余分にありますので、ご来店時におっしゃっていただけましたらお分けいたします)

 

・ぬか床に使うお塩は、ミネラルの豊富なお塩を使用した方がおいしく体が喜びます。

塩化ナトリウムだけのお塩(精製塩等)では塩辛いだけの旨味が少ないぬか漬けになります。

 

・漬けるお野菜も可能であれば無農薬のものをご使用すると安心ですし、

ぬか床中の菌にも害が少ないと思います。

 

≪まとめ≫

1,ぬか床の材料を揃え、全てしっかり均等に混ぜる。この時表面を押すように軽く叩きぬか中の空気を抜き、容器壁面のぬかもキレイにして保存する。

2,毎日かき混ぜ、同様に保存する。3~4日おきに捨て野菜を交換する。

3,2週間ほどでぬか床の出来上がり。

4,毎日漬けて食べる。ぬか床の水分が多いと感じたらぬかを足し、塩分が少ないと感じたら塩を足し調整しながらぬか床を保つ。

 

以上

 

さあ、この夏ぬか漬けで免疫最強の腸美人になって元気一杯で過ごしてくださいね!!

質問もご来店時にお話しください。(問題解決のヒントがお伝えできるかもしれませんので)

 

今日も最後までありがとうございます(^^♪

 

やっぱりおいしい≪だしの和食 あじなお≫

店主 打味 直

 

現在のキャンペーンはこちら

 

旬の無農薬野菜と天然魚介の無添加レシピ、愛情たっぷり生産者さん情報最新記事

>

あなたがおいしいもので
幸せな気持ちになりますように
楽しく過ごせますように
気持ちよい時間が持てますように
そして、日々元気に過ごせますように。
私たちは日々精進していきます。

CTR IMG