「びわの思い出」

 
「びわの思い出」
むかしむかし、、、
 
果物を食べると、とにかくその種を土に埋める子供がいました。
 
ほとんどの種は朽ちて忘れ去られましたが、
 
いつの間にか気づくと成長していて、こんな大きな木になったりするものが稀にありました。
さて、
 
子供は私(あじなお店主)で、木はびわの木。
 
同じように、気づけば大人になっていたりしますが、
 
実際は、いきなり大人にはならないし、いきなり大きな木にもなりません。
 
大木にはしっかりとした根が必ずあります。
 
木だけの急な成長など無いのです。
 
自分らしく精一杯生きればこの根はきちんと伸びる。
 
そして自分らしい木になり実をつける。
 
どんな形の木になってもいいじゃないか!
 
それが自分なんだから。

 
個人的にはそう思っています。
 
だから見た目だけにとらわれないで、見えないところもしっかり感じられることが大事。
 
そして、
 
あまり無理をしないで生きろよ!
 
と、びわに教わっている気持ちです。
 
びわを見て、
 
今を焦らないで(結果にこだわらないで)、しっかり今を生きることの大切さを感じています。
 
 
コロナ禍の今、
 
自分探しをする人が多いと聞きます。
 
それは自分を見失っているから、ですよね。
 
自分の根を感じたり、見たりできれば、
 
おのずと今の自分が見えてくるのではないかな?
 
そう思いシェアした思い出です。
 
どうぞ自分の心に素直に、思い切り生きてくださいね。
 
 
余談ですが、
今年びわは多くの実をならせています。
 
嬉しいなぁ。
 
私の思い出は食べることばかりですが(笑)
 
そんなお話でした。
 
ではではまた。
 
やっぱりおいしい≪だしの和食 あじなお≫
店主 打味 直

店主の気持ち・過去のブログ最新記事

>

あなたがおいしいもので
幸せな気持ちになりますように
楽しく過ごせますように
気持ちよい時間が持てますように
そして、日々元気に過ごせますように。
私たちは日々精進していきます。

CTR IMG