食材の効用

  1. 梅干し漬けよう!

     昨日、ラッキョウ漬けについて書いたので、その流れというか、当然!季節的に梅干しは書かないといけません。梅の実も少しづつ生ってきましたね。梅干しは理屈ではないところがありますので、理屈を知りたい方はご自身で検索なさってください。

    続きを読む
  2. ぬかみそにさんしょう

    「山椒は小粒でもぴりりと辛い」小学校の卒業式の生徒紹介の時に担任の先生に言われた、わたしの紹介文です。わたしは背が小さく小粒だったのですが、ピリリと辛かったらしいです。。。その当時、あまり意味がよくわかっていませんでしたが、いまはなんとなく良い意味として自分の中では捉えています。

    続きを読む
  3. 赤いダイヤ「小豆」

    赤いダイヤ「小豆」あずきの利尿作用は古くから知られており、むくみや疲れにおすすめです。(サポニンの効用)腎臓の働きを助け、体液のバランスをとり、ゆるんだ腸を引き締めてくれます。排泄の高まる春は、積極的にいただきましょう。

    続きを読む
ページ上部へ戻る