自然栽培

  1. 情熱の和食屋 外食新時代を目指す

    (包丁を持つ。まな板の前に立つ。)いまここに自分としていられることに感謝する。そして生命あるすべての食材に感謝する。それだけで料理というものはおいしくできるものです。おさかなは天然の物を使います。おやさいは自然栽培の物(無農薬・無肥料)を最優先します。

    続きを読む
  2. つまりは“ホンモノ”でなければ意味がないということ

    「旬」のものをいただくと長生きするとかいわれます。1年中食材であふれている中で「旬」を感じるのがむずかしいというお話です。わたくし、まったく無防備に、おいしそうならっきょう(有機栽培農産物・鹿児島産)があったので衝動買いしてしまいました。

    続きを読む
  3. 春の自然料理・・じゃこ菜ごはん

    「じゃこ菜ごはん」瀬戸内でとれた最上のじゃこと自然栽培の大根葉の混ぜごはんです。・・・冬場、店の煮物の主役はやはり大根です。風呂吹き大根にしたり、おでんにしたり、切り干しにしたり。。。主役は根の部分ですが、自然栽培の農家さんから購入する大根の醍醐味は大根葉かもしれません。

    続きを読む
  4. 私たちは自然農で「田んぼ」「畑」をしています。

    私たちは自然農で「田んぼ」「畑」をしています。川口由一さんの「妙なる畑に立ちて」を読み、深く感銘を受け、自然農について学び、同時に実践しながら、より体得していく過程にいます。川口由一さんの自然農は「耕さず、肥料・農薬を用いず、草や虫を敵としない」という農法の実践です。

    続きを読む
  5. 卒業式の日の、お弁当。感謝です。

    私たちのお弁当には、お店のチラシと献立に関する詳細をお付けしています。昨日のお弁当の場合。

    続きを読む
  6. 自然料理とは

    自然料理とは本来家庭でできる料理~家庭でこそ行われるべき料理だと考えております。なぜなら「自然料理」なのですから、本来誰にでもできるものでなければならないからです。手間はかかるけれど、だれでもできる。ゆっくりでいい。背負い込まないでいい。自然にまかせていい。無理せず、楽をしていい。

    続きを読む
  7. シェア用の種が増えました。

    3月1日の映画「つむぐ」上映会+種の交歓会では、たくさんのご参加ありがとうございました「つむぐ」の盛況もうれしかったですが、「種の交歓会」に多数のご参加!こちらもとてもうれしかった皆真剣な眼差しで、夢中に種を手に取り見つめていました。素敵な会をありがとう。

    続きを読む
  8. 子供たちの健康を守るために、知っておきたいこと(覚え書き)

    子供たちの健康を守るために、知っておきたいこと(覚え書き)自然栽培の野菜を中心に 白米(粕)から玄米に切り替えましょう体(細胞)は 口から本物が入れば修復力が強くなる(浄水 プロテイン ファイトケミカル) いい睡眠で 免疫力 回復力を高めるデトックス・・・深呼吸 いいお水...

    続きを読む
  9. 色気が大事!(ぬか漬けをこれからするんだ!)

    何事にも、色気って大事だと思うんです。艶というか、本能に訴えかけるものというか。理屈ではないのに、多くの人が共感・共有できるようなもの。食において、それは一番大事なことではないかもしれないけれど、それを併せ持っているものって、なんだかうれしいですよね。

    続きを読む
  10. 自然料理研究所発足!

    自分で勝手に作り出した言葉でありながら、実は、まだ完全に定義しきれていません^^;自分の店を、自然料理店と言っておきながら。自然料理とは本来家庭でできる料理~家庭でこそ行われるべき料理だと考えております。

    続きを読む
ページ上部へ戻る