二十四節気

  1. 今日1日がんばって、明日は田んぼです!楽しみ~^^

    現在、当ブログでは忘備録的に新月・満月・二十四節気について書いています。(地球暦さん、ありがとうございます!)これは、私たちが畑や田んぼをするようになり、特に私たちの農法は川口由一さんの自然農に強く影響を受けたことに大きく関係しています。

    続きを読む
  2. 土用明け、そして本日「立夏」

    春分と夏至の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立秋の前日までが夏となります。【TIME】2015/05/06 04:53 立夏(りっか)Summer's Start 地心黄経45度、日心黄経225度地球暦が二十四節気のひとつ「立夏」をお知らせします。

    続きを読む
  3. 地球暦が二十四節気のひとつ「穀雨」をお知らせします。

    穀雨(こくう)Grain Shower地心黄経30度、日心黄経210度 地球暦が二十四節気のひとつ「穀雨」をお知らせします。

    続きを読む
  4. 地球暦が二十四節気のひとつ「清明」をお知らせします

    春分から15度経過した、晩春のはじまりの地点。清く明るいと書く「清明」は、昼が徐々に長くなり、北半球もいよいよ夏へ向かって上半期がはじまるときです。春も後半となり、これから土用入りにかけて“春の気”と“夏の気”が徐々に入れ替わっていく季節の変わり目を迎えます。

    続きを読む
  5. 地球暦が二十四節気のひとつ「春分」をお知らせします。

    ──昼夜相当分する 春分を以て暦元となし 次の春分に至る一年とするものなり(土御門歳時記より)  「春分」は、地心黄経での太陽の位置が0度となり、新しい年度が始まるとき。ここから秋の秋分までは“上半期”となります。

    続きを読む
  6. 本日、二十四節気の一つ「啓蟄」と睦月の満月

    2015/03/06 啓蟄[けいちつ]Awakening of insects地心黄経345度 (日心黄経165度) 6時56分です。

    続きを読む
  7. 本日、旧暦の元旦。二十四節気の一つ「雨水」と睦月の新月。

    皆さま、明けましておめでとうございます。本日は、二十四節気のひとつ「雨水」であり、睦月の新月、旧暦の元旦に当たります。「雨水」は、春分から330度経過した初春の半ばの地点です。 春の訪れが徐々に明確になり、雪解けとともに、しとしとと柔らかい雨が降る季節になりました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る