お知らせ

3月1日(日)映画「つむぐ」上映会+固定種・在来種の種の交歓会

あじなおシネマ  2015年第2弾「つむぐ」上映会

好評のうち、終了いたしました。大勢のご参加ありがとうございました。感謝。

       201531日(日)  開場11時  開演13

映画つむぐの画像

「つむぐ」公式ホームページはこちらから

固定種・在来種の種の交歓会
 
「たね」の持つ意味は,とても大きい。特に、今。
 土、水、空気、太陽、ひとつでも欠けたら私たちは生きられない。
 「タネ」は自分自身。育ったのが今の自分の姿。
 皆、自分にしかできないことがあって、それを今表現していることでしょう。
 無限の可能性としてのタネ。私たちに食物を与えてくれるタネ。身近に育ち花を咲かせ実る愛おしいタネ。食料支配の材料などでは決してない。
 惜しむことなくシェアしていきましょう。
 
映画「つむぐ」上映会
 
 さとう うさぶろう・・ベルギーの首都ブリュッセルでオートクチュールの服を手掛けていた服飾デザイナー。
 ふつうに富や名声を求め、それを手に入れ、幸せな生活を送っていた彼のもとに天の声が。。。「地球は、転換期を迎えている。
 このままバランスを失って、もう一度やり直すか。大きく前進して調和の時代にシフトするか。
 どちらの道を選ぶのか。前進するとしたら何をするのか。」「自分は何のために生まれてきたのか」
 素朴な暮らしがずっと続いていた村に電柱が立ち始めたころから変わり始めた、タイ東北部イサン地方。
 彼はこの村で、自然に抱かれた、地球や宇宙とつながったエネルギーのある服作りを始めます。

 船戸崇史・・優秀な外科医として病院でがんなどの患者を診てきた医師。
 しかし、メスではがんの根本治療は叶わないと悟り、西洋医学だけではなく東洋医学をも取り入れたクリニックを開業する。
 イサンで染められた“いのちやどる”服の愛用者でもある彼は、毎年末期がんを患う人たちと気功ツアーに出かける。
 「すべてはうまくいっている!」皆、笑顔で元気に歌う。その顔に偽りは感じられない。

 yae・・有機農をしながら歌手を続ける。
 母、加藤登紀子の影響もあり若くして大手レコード会社と契約するが、歌うことを通して社会に貢献したいという想いから
 レコード会社との契約をやめ、独自のライブ活動を始める。父は学生運動指導者で有機農法実践家になった藤本敏夫。
 その父が遺した農園「鴨川自然王国」で、将来夫となる男性と出会う。
 そのウェディングドレスは、タイで織られた“いのちを感じる”服だった。
 彼女は語る「土、水、空気、太陽、ひとつでも欠けたら私たちは生きられない・・・」

 うさぶろう、船戸医師、yaeが一堂に会し“いのちの息吹にあふれた”服のファッションショーが船戸クリニックで始まる。
 モデルには、医師や看護婦、患者、そしてがんで大切な人をなくした家族。

 悲しみは悲しみで終わらない、笑顔を感じました。
 すてきな映画です。

  

タイムスケジュール(予定)
・11時開場~12時半まで、ひるげ(昼食)タイム (お結びランチ・・酵素玄米お結び+じゃこ菜お結び+具だくさん豆乳スープ・・700縁)
・13時~14時40分 「つむぐ」上映会
・14時40分~15時40分まで「種の交換会」(ワンドリンクをお願いいたします)
・17時~通常営業

※小さなお子様連れでも、構いませんが、万が一ぐずってしまった場合、他のお客様もいらっしゃるため、少し店外に出ていただくなどのご配慮をお願いします。
料金;中学生以上 1500縁(ワンドリンク付き) 
中学生未満(1席使われる場合)1300縁(ワンドリンク付き)
乳・幼児をお連れのお父様・お母様につきましては、携帯用の小さな椅子をご持参いたけましたら、お子様のご料金は無料といたします。ただし長時間の映画のため、他のお客様のご迷惑にならぬようご配慮ください。
(先着順となります。)
場所;八王子市めじろ台1-8-25アゴラビルB1F
お申込み、問い合わせ先;こころ味あじなお ☎042-663-0262
尚、ご予約優先とさせていただいておりますので、定員20名になり次第、締め切らせていただきます。

長文を最後までありがとうございました。

ページ上部へ戻る