BLOG

風呂吹き大根ってどんな意味?

風呂吹き大根といえばどんな料理か、みなさんイメージできますよね

だいこんをやわらかく煮て、甘いお味噌をのっけていただく

やわらかいやさしい味

こころが温まる味

 

ああ、日本人の感覚。日本のことばのすばらしさ。

味なのに「やさしい」とか「こころが温まる」とか素敵です

 

語源はウィキペディアにあるのですが、

簡略すると、冬に漆を乾かすのに温かい蒸気が必要で、そのためだけにお湯を沸かすのはもったいないから

大根を一緒に煮て、そのお湯を使いましょうと

煮た大根は甘味噌をつけて食べましょうと

たくさんできるからご近所さんにもくばりましょうと

「今日も風呂吹き用の大根できたよ~」とご近所をまわる姿が目に浮かびます

 

味なのに「やさしい」とか「こころ温まる」

なんだかわかる気がします

大事にしたい感覚です

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る