BLOG

自然栽培イズGREAT「自然にごみはない」

自然農・自然農法・自然栽培と呼び名はいろいろあるけれど、基本は不自然なものを田畑に持ち込まないということ。

厳密にいえば「無農薬」「無化学肥料」で、さらに動物性の有機肥料も使わない。

畜産牛・豚・鶏などの飼料は間違いなくほぼ農薬・化学肥料が使われている野菜や穀類だから、まあ排泄物にも混じっているはず。

また、輸入穀物が多いから(例えば、以前も書きましたがトウモロコシの国内自給率は1%以下ですから99%以上は輸入です。特にアメリカ・カナダから)、まず遺伝子組み換え食物が飼料になっていると思って間違いないと思う。

ということは、油かす(大豆~国内自給率5%~と菜種~国内自給率1%以下~)も当然危ない。

また米ぬかに関しても自然栽培のものでなければ、農薬・化学物質がぬかにたくさん残留していると思っていいでしょう。

 

と、話はそれましたが、

自然栽培のものって捨てるところが無い。

本来、自然にゴミはないから当然なのだけど。

私たちは、お野菜のほとんどをいただきます。

場所によってはお店で出せないので、まかないで。

また、時間がなくて処理しきれない時は自分たちの畑に撒いちゃう(笑)

里芋の皮とか。

お豆のさやとかも畑に。

お野菜の皮は本来とてもおいしいところだから捨てちゃもったいないですよ!

料理屋でお野菜の皮をむく店は多いですが、私たちそのまままるごといただきます!

大根の葉とか人参の葉なんかは愛すべきものです!

 DSCF0372DSCF0373

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る