BLOG

織機に糸がかかりました

妻が本格的に織りを再始動させました

心からうれしく思います

食べることと同じまたはそれ以上に衣服は大事

共に、体を愛してあげるということだから

体さん、けなげにがんばってくれているんだから 大事にしてあげてね

自分の体を大事にするということは、負担をかけないということ

エコロジー、それは地球を愛するということにつながります

体の中のがん細胞と地球の中の人間を同じような存在と表現する方がいらっしゃいますが

なんとなく理解できる

でもどちらも必要だから存在している

必要なければなくなるだけ

 

彼女は大麻の糸で機織りをしています

大麻とかアイヌ民族とかこの国では明治以降に排除されはじかれてきた存在

でも、どっちもなくならなかった

わたしもはじかれた人間(笑)

でもね、ドロップアウトさせられたとは思っていません

良い方にドロップインしたんだと最近わかり、うれしく日々を送っています

必要であるから存在している

それが私たち

 

信じた道を歩きましょう

道は無ければ作ればいいだけです

怖がらなくていいのです

DSCF3574

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る