BLOG

稲について想う

お米をといでいる時にも何かを考えているものです。

私は感謝の心が足りないので、いつも感謝を忘れないようにしているのですが、

お米をといでいるときも「ありがとう」と言っています。

田んぼで稲作を始めて、稲がもうだいぶ成長してきて、グングン伸びて、穂が付くことを想像すると、

田んぼの稲に対しても感謝の心が生まれ、目の前のお米と田んぼの稲が同じ生命のように思われてきます。

不思議ですね。

きっとおんなじ生命なのだと、最近は気付きました。

私自身も。

ありがとう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る