BLOG

私たちは自然農で「田んぼ」「畑」をしています。

私たちは自然農で「田んぼ」「畑」をしています。

川口由一さんの「妙なる畑に立ちて」を読み、深く感銘を受け、自然農について学び、同時に実践しながら、より体得していく過程にいます。

10669097_444395649035497_7471760892658511681_o

川口由一さんの自然農は「耕さず、肥料・農薬を用いず、草や虫を敵としない」という農法の実践です。

何故、自然農なのか?

それは、逆に「何故、自然農ではないのか?」という問いの答えが答えになっています。

自然農でない農法のほとんどは「慣行農法」という「耕し、肥料(化学合成肥料です)・農薬を用い、草や虫を敵としている」農法です。

まず、耕すことによって、土の中の微生物の生活圏を壊します。

そのため、土の中の生命活動がなくなります。

結果、肥料を使わないと作物が育たない環境ができます。そこで、肥料を大量に入れます。

そして、作物が生育する過程で虫が来て作物を食べますが、作物が食べられる理由は「作物がおいしいから」だけではありません。

回りに雑草が無いので作物しか食べるものが無いのです。

除草剤をまいて雑草を殺しているのです。そして、作物に群がる虫を農薬で殺しているのです。

その除草剤や農薬といった毒(と言っていいですよね。殺すためのものです。)は土や作物にも当然入っていきます。

土に入ったものは作物の中へ、また現在のネオニコチノイド系農薬は浸透性農薬のため作物の中へも普通に入ります。(昔のように、洗って落ちる農薬ではないのです)

私たちはそんなものを食べさせられてきたのです。

では何故そんなものを作るのか。簡単に言うと、それでなければ農家が経済的に成り立たないようにできているからです。

安定して作物を作るやり方=慣行農法=自然を無視した農業なのです。

自然に育ったものはおいしい。

何故でしょう?

それは、必死に生きた結果だと思います。

「慣行栽培」作物は甘やかされて育った、中身の薄い、それでいてメタボリックな毒(化学物質・農薬)まみれ。

「自然農」「自然栽培」作物は「自分で栄養を得なければ子孫を残せない!」というハングリーな状況で育った生き残り。

健康で、生命力のあるお野菜と、不健康で一人では生きられない(人間の手を借りなければ生きられない)お野菜、どちらを選びますか?

 

わたしたちは自然のものを愛します。

自然を愛します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る