BLOG

灰汁こんにゃくの作り方

さあ、本日より12月です。

もうなんだか一気に師走してます!

朝から庭に出て豆類の霜よけと土づくり、お餅つき用の薪作りなどしてまいりました。

 

ということで、前回の続きです。

灰汁で作るこんにゃく(灰汁の作り方はこちらから)

おでんや田楽、豚汁など冬の暖には欠かせない食材です。ぜひ手作りを!

 

こんにゃく芋は洗ってさいの目にします(粗くてもかまいませんが、細かい方が火の通りが早いです。皮つきでOKです。1回の目安は200g~400gくらいがいいかな)。

たっぷりめの水で湯がきます→スーッと金串が通るくらいまで

湯がいたこんにゃくのみミキサーやフードプロセッサーにかけます

その時、灰汁も入れます(目安はこんにゃく100gに対して40ccの灰汁)

DSC00463DSC00472DSC00477

ゲル状になりますのでそれをまた鍋に取り出し、灰汁と同量の水を入れ、練ります。(水の量で固さ調整ができます)

しっかりねっとり練りますと、歯ごたえのあるこんにゃくができます。

DSC00483

固まってきたら、ラップに包み成形します。30分寝かせてラップから出し、使いやすい大きさにします。

それを30分煮て、水にさらし一晩置きましたら出来上がりです。

DSC00486DSC00487DSC00489

天然素材の味、しっかりとした歯ごたえをお楽しみ下さい。

お刺身でも美味しいですよ^^

 

おろし金で先に卸すやり方など、いろいろやり方はあります。

ぜひお試し下さい。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る