BLOG

本日、旧暦の元旦。二十四節気の一つ「雨水」と睦月の新月。

皆さま、明けましておめでとうございます。

本日は、二十四節気のひとつ「雨水」であり、睦月の新月、旧暦の元旦に当たります。

「雨水」は、春分から330度経過した初春の半ばの地点です。
春の訪れが徐々に明確になり、雪解けとともに、しとしとと柔らかい雨が降る季節になりました。一年の反対側は9月でもっとも台風などが多い時期でダイナミックに天候が移り変わるのに対して、この2月の時期は春を迎えるために繊細に水が動いています。植物も地中に解け出した養分を吸収するために地下部では水揚げがはじまり、枝にはつぼみがつきはじめ、本格的な春の到来を感じています。

「雨水」は一年を一日に例えた時の朝4時くらいに当たり、夜明けが近づき、徐々に眠りから覚めてくる時です。立春から15度進んで、春夏秋冬の四季の物語が一歩進んだ今日は、取り組んでいる物事を見直して、再確認することで一年の立ち位置が見えてきます。

月を基にした太陰暦では、この新月を元旦として、春のはじまりとなります。アジアでもこの「春節」を、花火などで盛大にお祝いし、一年の農暦のはじまりとなっています。

新月とは、地上では太陽と月が同時にのぼる日であり、一ヵ月という“新しい月”がはじまる時です。日と月が重なるため、月は見る事ができませんが、普段より一ヵ月全体を見通せる“明るい”時と言えます。 「明けましておめでとうございます」とは、“日と月”の重なる新月を象徴したあいさつです。

長かった冬の季節も本格的に終わりを迎え春の到来です。この新月は、一年の春・夏・秋・冬の季節という物語の最初の1ページです。

※雨水と新月がほぼ同日同時刻となっています。

 2015/02/19 Thawed Rain
太陽黄経330度 雨水[うすい]8時50分です
───────────────────────────────────
Day of the First New Moon
旧暦元旦 睦月の「新月」8時47分です

~地球暦 Facebookより~

DSCF0453

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る