BLOG

本日、二十四節気の一つ「啓蟄」と睦月の満月

11021110_916959745002309_3631854076986175233_n

2015/03/06 啓蟄[けいちつ]Awakening of insects
地心黄経345度 (日心黄経165度) 6時56分です。
───────────────────────────────────
地球暦が二十四節気の一つ「啓蟄」と朔弦望の一つ「睦月の満月」をお知らせします。「啓蟄」は、春分から345度経過した仲春のはじまりの地点です。

いよいよ新年度が近づき年度末となりました。3月21日の春分は一年を一日に例えた時の「日の出」に当たります。その15度前の「啓蟄」は日が昇る直前であり、徐々に気温と地温が上がり始めて、動植物の動きも活発になってくる地点です。

啓蟄は土の中にいる虫達が、地上に出てくるという意味で、今まで内側にこもっていた陰の気が、日の当たる陽の気へと変わっていく時です。

冬の間に溜めていた気を、外にに発散して解放し、着るもの、食べるもの、部屋の模様替えなど衣食住に春の息吹を取り込んでみてはいかがでしょうか?

───────────────────────────────────
1st Full Moon / The Expectant Spring
【旧一月 / 初春】睦月(むつき)の「満月」3時05分です。
───────────────────────────────────
睦月の月が脹らんできましたね。

旧暦今年の最初の満月を迎えました。この月を和名で「睦月」と呼び、月の運行を基準にした太陰暦では、この満月の頃は「小正月」に当たります。

睦月は春の陽気が生まれてくる“生む”月という意味があり、一年の実りを生み出すための種を蒔く時です。一番最初の満月であるこの月には、一年の豊作が祈願され粥を炊いて一年の出来を占ったり、柳や水木の枝先に餅などをつけた“削り掛け”を吊るし、豊作のための予祝の行事が数多く行われていました。

今日は一年の最初の満月に、一年の目標や目的(めあて)など立ててみてはいかがでしょうか。春夏秋冬に自分のテーマを与えると、細かい12ヵ月の流れが見えてきます。

正月のお飾りやお札などを燃やす、どんと焼きも小正月の行事です。正月の雰囲気も終わり、いよいよ一年のはじまりです。
仲春の満月をどんな思いで見上げますか。

───────────────────────────────────
太陽系時空間地図 地球暦 のお求めはHPにて
3月21日春分はじまり
http://www.heliostera.com/
───────────────────────────────────

【太陽系時空間地図地球暦 2015
リリース記念 特別講演 Release Special Talk Live 】

杉山開知(地球暦考案者)× 佐治晴夫(理論物理学者)
〜 ぼくらの地球は動いている 〜2015.03.08@日本科学未来館
13:00(開場)13:30(開演) – 16:30(終演)
¥4,000 前売り自由席(当日 4500円)
↓詳細お申し込み↓
http://heliostera03082015tokyo.peatix.com/

~Facebook 地球暦より~

お天道様、お月様、宇宙、自然、マクロコスモスを感じながら日々を生きるのがいいな~。

カレンダーと時間に縛られ追われるのはもうやめよう。ゆったりと地に足をつけて生きよう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る