BLOG

有精卵を使った、根菜の茶わん蒸し(季節は変わる)

DSCF0438

いま、ほんとにちょうど、季節が変わろうとしている。 

もちろん、「はい!今日から春です」ということではなく。なんとなく。しかし確かに。でもなんとなく。

畑の生産物も変わるし、貯蔵していたものが切れたり、貯蔵期限を過ぎ傷みだしたりする。

「あじなお」では、平飼い・化学薬品無投薬の有精卵「丈夫卵」を使用しているのだけれど、寒くて、鶏が卵を産まないので、卵料理ストップになったりする。

当然だけれど、スーパーで売っている卵を、お客様にお出しできるはずもなく、当然、自分では食べない。

なんとなく、春の予感のする日、卵の入荷があったりする。

 何かが始まるってことは、すなわち何かが終わる。

貯蔵できていた、里芋やさつまいもが傷みはじめる。農家さんでも同じようだ。ごぼう・人参は大丈夫なようだが。。

また、半年以上、里芋・さつまいもとはお別れですね。。悲しいけれど。新しい出会いがそれを忘れさせる。調子いいな^^

もう、本年度最後の「根菜の茶わん蒸し」。季節の茶わん蒸しシリーズでは一番好きなんだ。味も、寒いからだを暖めてくれることにも感謝。

そして、「山菜の茶わん蒸し」へとバトンタッチ。

冬、眠っていたからだは、自然な流れとしてじっとしていたのです。少しづつ、起きましょう。そして、その目覚ましは、苦いもの。

でも。

まだ、寒いな。もうちょっと、じっとしていよう。

あせることはない。

もう間違いなく、そこに春は目の前にいるのだから。

 

「あじなお」の茶わん蒸しは本くずあん掛けの茶わん蒸しです。かき混ぜてお召し上がりください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る