BLOG

春を感じる

皆様お元氣のことと想います。

なぜかといいますと、春だからです(笑)

私は今年、自然を意識して、見つめるように。日々に流されないように冬を過ごしました。

寒い時は動かない。無理に活動しない。

腎臓と水を意識して体をいたわる(陰陽五行の考えですね)

黒いものを意識していただく。(冬は農産物が圧倒的に減りますので特に大事だと考えます。春夏秋は季節のものをおいしくいただけばOK!)

露地栽培でできた季節のお野菜と乾物+少々の旬の天然魚介+天然醸造調味料で過ごしました。

その結果、は、まだわかりません(笑)

 

春が来たのを感じられることはとても嬉しく、素晴らしいことだと思います。

ふきのとうが土を突き破って出てきたり、よもぎの淡い若芽がきれいだったり、菜の花が咲いたりして、自然がそれを教えてくれる。

自然と私が一緒であるということを、ちょっとしたメッセージ教えてもらえると、心が落ち着き、安心する。

 

先に冬の過ごし方について書きましたが、自然からではなく人間側から(自分からですね)のアプローチがあるともっと楽しい!と思います。

コミュニケーション、応答、行き来、やり取り、調和、バランス・・・いろいろな言葉があります。

時を同じくして色々なことが同時に反応する。

春はやはり「始まりの季節」

布団から出るのが容易になり、休んでいた朝ヨガを再開する。

花粉症の症状が少し出る(治ったと思ったけどちょっと出ますね)

畑に種をまく。

田んぼの畦を直しに出かけたら草が増えている。

何かが動き出す。

全てが動き出している。

私もその一員。

そして、年初につけたたくあんが出来上がるのも今の時期なんです。

何とも言えない、滋味深い。冬を過ごしたしわくちゃなたくあんをかじりながら喜ぶ。

冬の過ごし方の答えがきっとこれなんだと、「冬の過ごし方=春、なのね」なんて妙に納得しながら。

たくあんもその一員。

私と今一つになろうとしています。

 

ありがとう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る