BLOG

春の自然素材と自然料理「わかめ」

「わかめ」
『古事記』や『万葉集』にも出てくるほど食用の歴史があります。塩蔵や乾物で通年食べられますが、旬は春から初夏。
ぬめり成分のアルギン酸やフコダインカルシウム・ヨード・ビタミンKなど重要な栄養が含まれています。
アルギン酸・・食物繊維の一種。放射性ストロンチウムの体内取り込みを低減させる、防護剤としての役割があるといわれている。
フコイダン・・基礎研究として、抗酸化作用、アポトーシス誘導による抗ガン作用、抗菌作用、皮膚創傷修復作用、
       胃粘膜保護作用、胃潰瘍治癒促進作用、血中コレステロール低下作用が報告されている

健康管理に役立つ食品事典~食べ方いろいろ栄養摂ろう

ワカメなどの海藻類は、縄文時代の昔から日本人に親しまれてきました。日本が世界的に長寿なのも、
日頃から海藻類を摂取してきたことが理由のひとつと言われています。
欧米では海藻類を食べる習慣はありませんでしたが、近年和食の健康効果に期待が集まり、
豆腐などとともに海藻類も食べられるようになって来ました。
ミネラルが沢山含まれる海藻類の中でも、わかめは特にそのバランスに優れており、
カルシウムの吸収を助けるマグネシウムの量も多く含まれています。
また、和食はともすれば塩分過多になりがちですが、ワカメに豊富に含まれているカリウムが体内の塩分量を調整し、
高血圧の予防に役立ちます。ワカメのみそ汁はとても理にかなっているのです。
ワカメには高血圧の予防に効く成分がまだあります。それはアルギン酸という水溶性植物繊維の一種です。
アルギン酸はナトリウムやコレステロールを吸着し、対外へ排出させる働きがあります。
さらに、鉛やダイオキシンなど靭帯に有害な物質の排出にも有効なのです。
「フコダイン」
アルギン酸はワカメのぬるぬるを構成している成分なのですが、この中にはフコイダンという植物繊維も含まれています。
フコイダンは胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因になるピロリ菌が胃壁に付くのを防ぎ、胃粘膜も修復作用を持っています。
フコイダンで特筆すべきは、ガン抑制効果です。日本癌学会はフコイダンが正常な細胞に影響を及ぼさずに、
ガン細胞を自滅させることを発表しています。
ちなみに、フコイダンはワカメの根元部分の『メカブ』に特に多く含まれています。
ワカメのガン予防効果成分には、カロテンの一種で黒っぽい色素成分フコキサンチンや、ベータカロテンもあげられます。
フコキサンチンはガン細胞の活性を抑えることで、その増殖を食い止めるのです。
ベータカロテンには強い抗酸化作用があり、油と一緒に摂取すれば、更にパワーアップします。
ワカメにはビタミンB1、B2、葉緑素も含まれています。これらが糖や脂質の代謝を促し、
食部繊維と相乗して糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の予防改善に大いに役立ちます。毎日の食事にワカメをプラスし、不要なものを排出!ワカメを食べて、体の浄化に努めましょう。

レシピ・・お味噌汁(簡単。入れるだけ。できれば「ほんだし」など化学的なものを使わず、出汁を引きましょう。昆布だけでも十分です。油(これも遺伝子組み換え材料を使っていないものを探し求めて使いましょう)を軽くひいて、お野菜を炒めてから、出汁を入れ、火を止めてから、お味噌(できるだけ天然醸造、遺伝子組み換えでないもの)を入れて自然にとかしましょう。《季節》1年中使えるレシピです。温度70℃以下ならお味噌の酵素や乳酸菌もいただけます。
     サラダ  生野菜にのせるだけ。野菜は、無農薬・無化学肥料の自然栽培のものを優先して使いましょう。ドレッシングなども手作りしましょう。レシピ・・甘酒ドレッシング・ポン酢・マヨなど随時更新。天然醸造のおいしいお醤油ならそれだけで美味しいですよ!《季節》夏
     酢の物  二杯酢 三杯酢 土佐酢 柿酢 甘酢など 《季節》夏
     トッピング  麺類 etc

※写真はもずく酢です。「あじなお」では白砂糖を使用いたしません。こちらは、甘酒で甘味をつけています。白く見えるのは麹です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る