BLOG

夏の食事のポイント

暑さから体に熱がたまりやすくなるため、水分やカリウムの多い夏野菜や酸味の調理がおいしく感じられます。これらはすべて陰性のもので、からだを冷やしますので、摂りすぎて体を冷やしすぎないように気をつけながら上手に調理しましょう。

調理は強火でシンプルに!

強火でサッと火を通したシンプルな味付けがおいしいです。スパイスをきかせると食欲が増します。カリウム(陰性)の多い野菜は塩でナトリウム(陽性)を補って、おいしくいただきましょう。

梅や梅酢などで上手に酸味を!

さっぱりした酸味が、体を緩めて(陰へ)過ごしやすくしてくれます。梅干しや梅酢は、疲労回復の乳酸を代謝しながら、体を冷やさないのでおすすめです。ぬか漬けも夏は特においしく味わえます。元氣なかたはレモンなどの柑橘系の酸味も上手に摂ると良いです。

たまには熱いもので汗をかきましょう!

たまには煮込んだうどんや熱い味噌汁で、からだの芯をしっかり温めておくといいです。内臓が温まって、一気に汗をかくと、暑さに対して体が楽になります。

 

参考:海の精 伝統食育暦

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る