BLOG

地球暦が二十四節気のひとつ「立秋」をお知らせします。

The autumn season begins. (Touch of the coming of autumn is in the air.)

「立秋」は、春分から135度経過した、初秋のはじまり。春、夏、秋、冬の真ん中、四季の折り返しです。

今日で夏が終わり、季節は秋へと移り変わりました。自然界の気は徐々に変化していきますが、暦では節目の一瞬で春夏秋冬が切り替わります。それは午前0時を過ぎると日付が変わるのとよく似ています。

夏と秋の季節の中間にある「立秋」は、秋のはじまりではあるものの、入道雲に雷やスコールと、体感としてはまさに夏まっさかり。一年を一日にたとえると午後3時くらいで、光のエネルギーは下り坂で勢いよく物事が動き、これから実りの秋へと移り変わっていきます。

毎年「立秋」のこの時期は夏休みと重なり、経済的の循環もひと休みし、谷間を迎えるのが特徴です。海の家など期間的に繁忙期を迎える業種以外は、お盆も含めて仕事にひと区切りつけて、90度(約3ヶ月)先の11月上旬の立冬に照準を合わせて下半期の予定を立てましょう。また、今は羽根を伸ばし、休みをとることで、地球号のみなぎる活力を生活のなかに取り入れましょう。

夏祭りも、高校野球などのスポーツも、今が最も熱い時期。5月のG.W.に繁忙期を迎える業種は、来年のための企画を立てましょう。ここで新しい展開の種をまくことで、妊娠期間(約9ヶ月)と同じ時を経て、来年の初夏に結実していきます。

 

Facebook地球暦より

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る