BLOG

冬の家仕事~金柑~もうすぐ春ですね~金柑の効用~

金柑の健康への効能

抗酸化作用のあるビタミンA・E・Cが多く含まれていて、活性酸素の除去をサポートします。

つまり、活性酸素によって体内の細胞が酸化する(錆びつく→老化するということです)ことを最低限にとどめます。

具体的には血液・血管の老朽化や細胞の癌化、もちろん肌の老化などのアンチエイジング(老化対策)になります。

病気のリスクを減らしたり、脳の老化やボケ防止にもつながると考えられています。

金柑のデトックス効果

食物繊維やカリウム・カルシウムなどの身体に有効なその他の栄養素もたくさん含まれています。

特に食物繊維は水溶性と不溶性の繊維のバランスがよく含まれています。

水溶性食物繊維は血液を浄化し、血中コレステロールを低下させます。

また、血中コレステロールの酸化も抑制するので、血液をサラサラにして血管の詰まりを防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞といった血管の病気の予防、改善をしてくれます。
もう一方の不溶性食物繊維には整腸作用があるために、便秘解消にも期待があり、大腸ポリープや大腸がんの予防にも役立つと言われています。

つまり、血管・腸をきれいにしてくれるわけですから、血の巡りや老廃物排泄が順調になり、デトックス(排毒・解毒)効果へとつながります。

また、金柑に含まれるカリウムは高血圧の原因となるナトリウムを体外へ追い出し、血圧を下げる働きもあります。

かんたん!金柑酒の作り方

金柑とお酒の合わさった金柑酒ですが、金柑をアルコールに漬けると有効成分が溶け出しやすくなり、
そしてアルコール成分がその成分を破壊することなく全身の隅々まで運んでくれるのです。
「金柑酒」の一日の適量は40~50ml(おちょこ一杯程度)飲むのは夕食後がおススメです。
また就職前に飲むと熟睡できるほか、風邪の予防、改善にも役立ちます。
そのまま飲んでも水やお湯で割ってもいいので病気予防の効能が高い「金柑酒」をぜひ飲んでみましょう。

DSCF0796

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る