BLOG

休日、りんご木箱をいただきに

昨年から仲間内でよく話題になっていた言葉「りんご木箱」

いろいろなところで聞くからなんとなく意識するようになります

職人さんが手作りで作っている「りんご木箱」

リサイクルの時代に廃棄され

使えるのに、毎日燃やされているんだそうです

 

そんなりんご木箱が向こうからやってきました

青森からりんごを売りに来ている方が、もったいないから誰かいりませんかって

休日なので座間まで取りにお伺いしました

わたしたちイベント出店の時に使いたいのと、農具を入れるのに使いたいのと、店で農作物の保管につかいたいのといろいろあって

DSCF6010

お会いしたりんご農家さん、やっぱり素敵な方で

そんな方の発信する情報はやはり素敵で

人間的暖かみを感じました

りんご木箱だって、もちろん用途も大事なんだけど、暖かみあるでしょ

そういうものを身近に置いておきたいのよ

それはやはり自分自身を癒してくれるから

そして大事に使う

愛を注ぐのです

ひとつまた素敵な関係性が自分のまわりにできる

それがつながればいいなぁ、と思っています

 

ありがとうございました

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る