BLOG

サトケンさん「氣愛のおむすび」ワークショップに参加してまいりました。

サトケン(佐藤研一)さんの「サトケンのおまかせ呼吸法と気愛のおむすび」at 八王子浄福寺に参加してまいりました。

友達からの情報にピンときて、直感的に参加したのですが、いや~~~良かったです!

「あじなお」のランチもお結びということでのつながりも感じていたのですが、

それ以上に、お結びを握る上での、またその瞬間の「心のありかた」を学びたいと思っていたので、まさにドンピシャでした。

 

呼吸。息(生き)をする。息とは「自分の心」と書きます。

自律神経(勝手に動いてくれる神経)でありながら、唯一自分の意識でコントロールできる「呼吸」(たとえば心臓を自分の意志で止めたりできませんよね)。

息によって自分の心をコントロールできるということです。

つまり心を修めたり、自分を高めたりするのには、心からのアプローチではなく、「呼吸」という体を使ったアプローチがとても効果的であるということです。

「瞑想」とか「禅」とかそういう世界ですね。

とてもはるか彼方にあるようで、とても身近にある世界。

そして「いまここに心を置く時間が長ければ長いほど幸せである」「夢中になれればなれるだけ幸せになれる」という素晴らしい世界。

 

「おまかせ呼吸」は天に宇宙におまかせする呼吸ということ。

宇宙から無限のエネルギーが我々に降り注がれていて、我々はエネルギー体の塊でありエネルギー体なのでその影響を大いに受けるということ。

無限のエネルギーをいただいていることを意識して、なんの心配もなくそのエネルギーを使えば良いということ。

そして、自分の中に意識を向けるということ。

そんな中で、お結びを握る。

 

「マインドフルネス」というお話もしていただきました。

行為に意識、集中するということが、そこに強いエネルギー(氣)を生むということ。

そこで生まれる「お結び」

 

サトケンさんのお結びは、佐藤初女さんのスタイルを受け継いだ形のお結びです。

本当はふつうのお結び。

でも、現代社会にとても必要とされているお結び。

私たちは宇宙を感じながら呼吸をし、自分の中に意識を向けてお結びを握る。

それだけで幸せになれるのです。

簡単ですね^^

DSCF0597

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る