BLOG

アグロエコロジー会議に行ってきました。

DSCF0393

またまた新しい横文字ですが、 アグロエコロジー(Agroecology)とは世界で現在推進されている工業化された農業に対するオルタナティブと広く認知され始めている農業や社会のあり方であり、それを求める運動であり、科学のことを意味します。「アグロエコロジーこそ、その答え」とヴァンダナ・シヴァさんも断言するように『アグロエコロジー』は、今や国連も認めた世界的潮流であり、人類の未来を希望に変える考えであり、~食と農・地域と暮らしが分母となる社会への行動です~

DSCF0397

「いま日本は未曽有の危機の状況にあるといっても過言ではない」「放射能の前では有機もへったくれもなくなる」「家族農業は見捨てられる」という過激な呼びかけ人のメッセージ。そして名だたる登壇者の方々からの情報、考え方、意見をいただき、そして、皆が意見交換をして、どうにか、この日本の、世界の状況を良くできないかという討論をいたしました。

主に、農からのアプローチをメインとしていましたが、やはり現在の世の状況はすべてが複雑に絡み合い、それを紐解こうにも、いたるところで分断されているのが現状です。が、様々な角度から物事を見ることによって、また、マクロ的・ミクロ的に見ることによって、本質を見極めようとしていました。

地球にやさしい、という上っ面だけの言葉の裏で、地球はひどい目にあっています。まずはそれに気づくこと。地球とは、地球そのものであり、地球上に生きるすべての生物であり、もちろん私たち一人一人もそれに含まれます。自分でできることを、しっかり自分でできるようになって生きられるようにならないといけません。

人類皆百姓になること。これが理想であり、究極の答えなのかな、と思いました。

言葉にすると簡単ですが、まずはコンビニに行くことからやめなければなりません。

人に任せずに、自分の力で大地に立てるように、お互い努めましょう。

ある意味、この危機的状況を楽しめれば、最高の世に生きているとも言えるのではないでしょうか?

DSCF0396

                                      この写真は、アメリカの農業です。 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る