BLOG

わたしの作った固定種のきゅうりと自家製もろみ味噌

夏野菜の収穫が始まりました。

農を始めて良かったと思うことのひとつに、「本当の旬を知ることができた」ということがあります。

漠然と冬・大根とか、春・山菜とか、夏・冬瓜とか、秋・きのことか・・・

間違ってはいないけれど。

栽培方法とか、地域とか、品種とか、もっと深いことを知り、もっともっと学びなんだな~、と。

自然は奥が深く、ふところも深い。きびしいけどやさしい。

 

私は、固定種・在来種の種で自然農のスタイルでしていますので、作物の収穫時はほぼ自然。つまりジャスト旬です。

そんな食材を中心に献立を立てるのが楽しいのです。

暑くなるのが遅かったり、雨が多かったりすると作物の収穫時期も変わってきますが、それに対応するのが結構楽しい。

献立を決めて仕入れをするのではなく、仕入れから献立を決めるので、ワンテンポ遅れる。それを捌いていく!

やりがいがあって職人冥利に尽きるのです。

冬にトマト・茄子・ピーマン・きゅうり・いちごを使ったりしない。

でも、昔は当たり前のように使っていたんです。

気付きって大事ですね。ありがたい。

DSCF2881

神田四葉きゅうりは店で自家製のもろみ味噌とともにおつまみとしてお出ししています。

これだけでも、十分来店の価値あると思いますよ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る