ブログ

よく噛んで食べよう!(世界を変えよう!)

昔から言われること、先人の知恵。

ながらくおろそかにされていた気がします。

高度成長期からバブルを通り過ぎ、現在の世はまさに迷走時代。

経済至上主義による自然破壊は、そのまま人間社会破壊につながっていると思います。

これだけ自然災害や異常事件が多ければ、うすうす気づいている人も多いと思いますが。。。

もうすでに次のアクションを起こしている人、来るべき時に備えている人もすでにいます。

人間も多様性があっておもしろい!と楽観的にも見れる反面、やばいよねが本音かな。

で、一人の人間になにができるの?ってこと。

それは、自分のできることをすれば良い!

自分の強い想いを持って生き続けること、信じてぶれないでいきましょう!

 

私は食に携わる者として、いろいろと考えるわけですが、食は世界を変えられます。

自分の体を小さな宇宙と知り、それをイメージするだけで。

 

世界を変えるために「よく噛みましょう!」

よく噛むと唾液がたくさん出ます。それだけで食物の吸収率がアップします。つまり胃や腸の負担を軽減します。

唾液の抗菌作用で虫歯や歯周病などの予防改善もできます。人間の体は内部ももちろん大事ですが入り口と出口はとっても大事。特に入り口は自分でコントロールできる部分ですから、ここで自分の体を少しでもコントロールしておきましょう。

唾液には発がん性物質の作用を抑える成分も含まれ、食べすぎも防ぎますので、がん予防にもなります。

また、あごを動かすと脳の血流が増加して、脳全体を活性化します。学習能力や仕事能率もアップします!

認知症・アルツハイマー病・パーキンソン病・脳血栓・脳梗塞などの予防にもつながるのではと注目されています。

その他、若返り効果や精神の安定、自律神経の動きがよくなることもわかっています。

 

よく噛んで体の調子を良くして、自分自身が元気になる。

それはすなわち、地球の一部が元気になることを意味しています。

 

一口30回が目安です。できるかな?やってみよう!

ちなみに、よく噛むのに向いているのは伝統的和食。食物繊維が豊富で噛むほどに甘味・旨味が感じられます。

ということは、よく噛むだけでおいしくなるってことですね^^

DSCF3932

(参考資料 伝統食育暦 海の精カレンダー)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る