ブログ

ふたりで帰ろう

わたしたちは夫婦で一緒に働いているので、お店での仕事のあと夜一緒に帰路につきます。

昌代はお月さんとお星さんが好きだから、夜空を見上げながら帰ります。

ぼくはおひさまは大好きだけど、あんまり月と星は意識していなかったけれど

ふたりで一緒に見上げながら帰るようになりました

 

暗闇だからこそ光があるんだね

お月さんはずーっともう何万年もまえから(ほんとはもっと前みたいけど)同じようにぐるぐるまわり続けているんだね

お星さんの光は今光っているように見えるけどはるか昔の光なんだね

 

ぼくは自分がいかに小さい存在なのかに気づき

そんな自分の中のほんとにちっぽけな恐れに気づくのです

そしてそれが自分を勇気づけてくれる

わたしたちの抱える大きな問題はわたしたち自身が巨大なものにしているだけで

ほんとはたいしたことでじゃない

ほんとにちっぽけなこと

 

昔の人は月を見ながらいろいろなことを思った(想った)のでしょうね

わたしのことと、あなたのことと、みんなのこと

 

今月初めの新月に、始まりを感じる出来事がたくさん起きたので、

新しいぬか床に初漬けをしました。

わたしが小さな創造者の小宇宙

DSCF6285

おいしくなるね

ありがとう

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る