BLOG

お弁当のお話

料理をつくるときに、わたしがもっとも大事にするものは愛です

素材に感謝することは、農家さんや自然の愛をしっかり受け取り、それを料理という形でお客様に伝えること

ちゃんとつながるとうれしい

 

お弁当は、店内の料理とはまた違う感覚で作っている気がします

対面じゃないことが多いから、いろいろ想像します

喜んでくれるかな?おいしく感じてくれるかな?

作りたてをお召し上がりいただくのではないし、表情も見えないのドキドキ感がよりあります

だから、リピートしてご注文いただけると喜びもひとしおです

つながった!やった!うれしい!って強く感じます

 

本日のお弁当

DSCF5902

あじなおのお弁当 (201618日)

左上  彩々鶏の豆乳スープあんかけ  

右上  聖護院大根の風呂吹き

    さわらで作ったさつま揚げ

    卯の花 凍み豆腐 野菜の南蛮漬け

右下  生姜の炊き込みごはん

右下  お漬物 祝島ひじき煮

 

 全て国産食材を使用して、1から手作りしています。

自然な食材がみなさまのからだに優しく、心から喜んでいただけますように、調理いたしました。

 おいしく、うれしく、たのしく時をお過ごしいただけますように。

保存料、化学調味料等は使用いたしておりませんので、お早目にお召し上がり下さい。

 

いつも、ありがとうございます!

 

こんなメモを入れてます

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る