BLOG

いちじくの白ワイン煮

昨日から稲刈りを始めました。

私たちは1枚のたんぼを夫婦でやっているのですが、そんな仲間たちが集まって8枚のたんぼを協力し合いながら作業しています。

基本、各自でたんぼの面倒を見ているのですが、田植えや稲刈りなど大変で大事なことは一緒に楽しく行います。

私たちのたんぼの稲刈りは7日が本番です。楽しみですね。楽しみです^^

 

今年は、夏季の異常気象(冷夏ではないですが、日照超不足)のため、「稲大丈夫かな」若干心配していたのですが、稲は強いですね。

大豊作の予感です。

そして、あじなおの果樹、秋の恵みは“いちじく”と“柿”。

DSCF4483

とくにいちじくは水の過多でしょう、大きくなりすぎ、木になりながら発酵するような異常事態。

今年は半ばあきらめていたのですが、やはり自然偉大なり。

日照が増えたことも手伝い9月後半からは例年以上の出来となりました。

こちらは白ワインで煮てデザートとしてあじなおでお出しいたしております。

大変ご好評いただき、感謝いたしております。

DSCF4396

思うことは、繰り返しますが、やはり自然偉大なり。(笑)

自然に任せた栽培法、作物に手を貸し、自分たちも生き、そして作物も生かす(種取りをして世代をつなぐ)。

これでいいのだ、と逆境をはね返す稲やいちじくや他の野菜を見て改めて感じた次第です。

 

ありがとう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る