ブログ

あなたを祝福したい料理会のお知らせ 4月8日

あなたを祝福したい料理会 春 第1回 ~はじめてご来店の方限定~ のご案内です。

~寒い冬をへて、待ちこがれた春の目覚め~自然から愛があふれ出す~

今、この時、最も自然に愛される食材 
《百合根》《鶏卵》《北陸産天然海老》 
厳選いたしました。

日本人に生まれてよかった。
至福の料理会となります。

 4月8日(金)18時30分~20時30分
 於 こころ味あじなお   
 定員 3名限定

《百合根》
 yamanishi-yurine-gekkou-product1
  北海道産こだわりの百合根があなたを祝福いたします。
  (生産者は当日までシークレットとさせていただきます)

  寒い冬を越すことで甘味が増す。自然は私たちの心と体を喜ばせるために
  こんなに素敵な春の贈り物をくださいます。
  本日ご紹介する百合根は無農薬有機栽培。それは安心安全のためもありますが、それだけが理由ではありません。
  一般に百合根では花びらとして、一片づつ食します。
  生産者自ら、「こんなおいしいものを知らなかった。それを伝えたい。」とおっしゃられる
  希少な「丸ごと百合根」を、当日はご提供いたします。

  百合根は関東ではなじみの少ない食材ですが、
  種ユリを畑に植え、ゆりねを出荷するまでに4年以上かかります
  毎年植え替えが必要です(別の畑に移します)
  毎年花のつぼみを取ることで、根に栄養が溜まるようにします
  一度ゆりねを植えた畑では連作障害を避けるため、4~10年はゆりねを植えられません
  1つのゆりねを作るためにこれだけのことがなされています。

  生産者の愛情があふれ出した百合根に、調理という心と技術を加える。
  火の入れ方が甘味を最大限にいたします。

  
《鶏卵》

DSCF6407

 

  神奈川県小田原市の自然養鶏「春夏秋冬」の有精卵があなたを祝福いたします。

  卵にはなんだか不思議な力がある。
  一日のはじまりを告げる鶏は、古来日本では神の使いとされてきました。

  本来、鶏の産卵期は春から初夏にかけてで、卵はその時期にしか生まれない貴重品でした。
  今は季節を問わず店頭に並ぶため、旬の感覚は希薄ですが、卵の旬は実は春です。
  春の卵は、母体の中でゆっくり時間をかけて成熟していくため栄養価が高くなるといわれています。
  (これは有精卵のみのお話です)

  生産者の檀上さんは生命力にこだわります。
  そのために、飼料・生育環境など限りなく自然に近い形になるよう常に考え活動をされています。
  飼料は自家製の発酵飼料や無農薬の緑肥や天然の生餌(しかも養鶏場のある小田原・足柄地域でできるだけ調達されています。)
  環境は鶏舎の外での放し飼い、また鶏舎も自然環境を意識して作られています。
  
  「卵をお召し上がりになられる方のお口にポンッと放り投げ入れたい」そんな檀上さんの想いの卵。
  その生命力を「おいしい!」にする。
  「おいしい」には必ず理由があります。

  ポピュラー素材の鶏卵ゆえに、着眼点がこの食材への愛を表現する。
  また、他の食材との関係性こそが絶妙を生み出す。
  「懐かしい やさしい おいしい」をお届けします。

《北陸産天然海老》

IMG_20160322_071634

  日本海北陸から、産地に行かないと巡り会えない「日本海の隠れた至宝」と
  深く青い富山湾だけで水揚げされる貴重な「宝石」があなたを祝福いたします。
  
  「日本海の隠れた至宝・ガス海老」
  味を例えて「北陸で一番美味しい海老」という人もいます。
  ぜひこの機会にお召し上がりいただきたい。
  「宝石・白海老」透明で美しい宝石のようなエビ。
  共に世界的に希少価値が高く、口の中で無限に広がる甘味が忘れられません。

  ズバリそのままでも十分おいしい。
  そのすでに極上の旨味甘味に何を付け足すか。
  海の調味料か陸の調味料か。
  そして火を使う。旨みがあふれ出す。出汁が出る。
  食材の幸せすぎる競演をお届けします。

  自然があなたを祝福する。
  それ以上に私たちがあなたを祝福したい。
  心を込め熱く調理し、素晴らしいひと時をご一緒させていただきます。
  

献立

 秘密とさせてください。

料金
 30,000縁

サプライズ有り

ご予約は042-663-0262 こころ味あじなおまでお願い致します。

(現在残席あと一つです)

フェイスブックイベントページはこちらから。随時アップしてまいります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る