ブログ

「いい仕事とは何か」(「自分の仕事を作る」西村佳哲さんより)

「驚きを与える」

「英知を結集している」

「なにがしかへの愛を表現している」

 

仕事を通じて、自分を証明する必要はない。というか、それはしてはいけないことだ。

最大の敵は、常に自意識である。個性的であろうとするよりも、ただ無我夢中でやるほうが、結果として個性的な仕事が生まれる。

仕事とは自分を誇示する手段ではなく、自分と他人に対するギフト(贈与)であり、それが結果としてお互いを満たす。これは理想論だろうか。

贈り物は難しい。押しつけでは意味がないし、足下をみるなんてもってのほかだ。その人が欲しているけれど誰にも明かさずにいる、あるいは本人自身まだ気づいていない何かを「これ?」といって差し出すことができたら、それは最高のギフトになる。

この世界のあらゆる仕事がそのようにして成されたら、どんなにいいだろう。その時、仕事に対して戻される言葉は「ありがとう」になる。

「素晴らしい」でも「面白い」でもなく「ありがとう」という言葉が返ってくるとき、そこには何が込められているのか。その先を大切にしたい。

 

 雇われて給料をもらっているだけで終わることなく、自分のやりたいことに自信を持ち、自分の能力をアピールする。

仕事を「自分の仕事」にするポイントは、仕事に自分を合わせるのではなく、自分の方に仕事を合わせる力にある。

正解は一つしかないという教育ではなく、プロセスは無限にあるという学問こそが大事なのだと思う。

DSC02439

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る